ブロッサムソングス

新しく発足した創作集団です。今のところのメンバーは「びっぐさき」と「椹木(さわらぎ)」と「山田唄」の三名。

新メンバー紹介と企画第一弾発足

 こんにちは。ウェブ担当の山田です。

 前回の記事にスターや読者登録などありがとうございます。ツイッターのほうでも、イイネを下さった方、拡散して下さった方などおられ、大変ありがたく思っております。今後もブロッサムソングス、通称ブロソンをよろしくお願い致します。

 今回は、新メンバーのご紹介とブロソンとしての企画第一弾の概要をお報せできればと思います。

 

■新メンバー

 あれから早速、びっぐさきの紹介で新メンバーが一人加入致しましたので、ご紹介します。

 

〇椹木(サワラギ)

・ブロッサムソングス読めない苗字の人担当(仮)

・絵の仕事とは全く無関係の仕事につとめながら、お絵かきの日々を送る人。

・得意な絵は風景とペン画、今書きたい絵はキャラクターやアイテムのデザイン画

・ブロソンで重視していることは、絵を通したコミュニケーションができること。

ツイッター

twitter.com

f:id:yamadauta:20171021042801p:plain

・イラストサンプル

 

 なお、この紹介文は椹木本人に考えて頂いたもので、実際は主に「企画発案」と「背景美術」を担当して貰おうかと思っております。

 今までのメンバーともども、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

■企画第一弾発足

 先日挙げた企画予定の内、

・コラボ企画(二人のイラストの合作など)

 の話がメンバー間で膨らみまして、では仮想ゲーム(実際にはゲームは作りません)を想定して、メンバー同士で設定や世界観を決め、それに沿ったコンセプトアートを製作するのはどうだろう、という案が出ました。そこから更に進展したアイディアが多々出まして、ある程度纏まったので、今回概要だけご紹介します。

 

〇仮想ゲーム企画

・タイトル

 ブロッサムソングス(企画第一弾と言う事で集団名そのまま)

 

・概要

 超自然的なエネルギーを宿した特殊な花、「花晶(はな)」を生成、活性化させる能力を持つ者、「歌姫」。そして、その性質に合致した騎士、「奏功騎士(そうこうきし)」は、歌姫の歌の力により更に力を得て戦線で莫大な武力を発揮する。

 この物語は、歌姫の花晶を狙う神、竜、邪神と人類との戦いと、歌姫を奪い合い争う人間同士の抗争を巡る物語である。

 

「歌姫」と「花晶」

 花晶は、歌姫によって生み出す種類に違いがあり、またその花言葉に通じる感情に特に強い反応を示すという特徴があります。花晶そのものも微弱ながらエネルギーを持っており、主に文明を築く上での資源の役割をしてきました。

 しかし、歌姫の感情を込めた歌によって、花晶は更に強大なエネルギーを生み出します。それは、花晶と歌姫の歌があれば、神や竜、邪神にも対抗し得るほど。

 また、歌姫の歌のレベルによって、花晶が生み出すエネルギーにも差が出てきます。

 

・「奏功騎士」

 歌姫の花晶の花言葉と通じる在り方をする者だけが、歌姫に選ばれた奏功騎士となり得ます。彼らは花晶を仕込んだ武器や鎧を歌姫の歌で更に活性化させることにより、敵との戦いにおいて甚大な戦力となります。

 

・その他

 歌姫を随伴する機動兵器「奏鋼騎士」なども存在し、今や花晶のエネルギーは人類の文明に欠かせないものになっています。それをあらゆる理由で奪おうとして来る、神、竜、邪神、そして同じ人類。彼らは常に戦いの日々に身を投じ、同時に人類は歌姫と奏功騎士の絆も必要としているのです。

 

〇コンセプトスケッチ

 

f:id:yamadauta:20171021045501j:plain

・びっぐさき製作、奏鋼騎士案

 奏鋼騎士はこの世界ではごく弱い兵器とされており、戦闘力で言えば奏功騎士に大きく劣ります。主に軍事国家で、歌姫と騎士の絆なしに運用できる兵器として開発されました。

 

f:id:yamadauta:20171021045927j:plain

・山田唄製作、歌姫と奏功騎士案

 

f:id:yamadauta:20171021045938j:plain

・同じく山田唄製作、歌姫と奏功騎士案ブラッシュアップ

 花晶「スターチス」(花言葉は”永遠に変らない”)の力で百年生きて魔女と言われた少女と、その彼女を唯一子ども扱いする中年騎士です。二人とも永遠に変らない関係を築きたいという思いが合致し、絆が繋がりました。

 

 

 大体こんな感じで、今後は仮想ゲーム「ブロッサムソングス」の企画を中心に活動していければと思っております。以後、決まった情報やメンバーの製作したコンセプトアートなどをこちらで随時更新して行くので、楽しみにして頂けると幸いです。

 

ウェブ担当:山田